Watts

BLOG

2015.Jun 11 Thu

四十雀の巣箱

昨年、夏の終わりにスタッフと巣箱を製作しました。
あのちっちゃな四十雀が、如何に安全に、快適に、この箱の中で卵を産み落とし…

そのいのちを温め… などと想像しながら図面を起こし、一枚の杉板から立体を作る。

 

 

さて、この出来上がった箱の色はどうしようか?

それと、何処に取り付けようか?

 

こんな色いいんじゃない?

その色は目立ち過ぎかも?

全体に色をのせる?

屋根だけ…とかは?

 

そんな低い場所じゃ蛇に見つかって、卵食べられちゃうよ…

そんな高い場所じゃ大きな鳥に見つかって、襲われちゃうよ…

 

それからさ… この穴のバリを削った方が気持ちよく出入りできるんじゃない?

 

 

こんな行程が、とても刺激的で楽しく印象に残っています。

 

 

 

 

IMG_3509

 

 

 

こんな感じになりました。

 

 

 

そして、この春 …

四十雀の親鳥が、ぼくたちの作った巣箱を選んでくれました!

 

 

 

 

 

 

IMG_4485

 

 

 

親鳥に依る丁寧につくられた、ベッドに…

新たな、いのちが7つ

感動的な瞬間でした!

 

 

 

そして、その2週間後…

 

 

 

 

IMG_4545

 

 

親鳥に見つからないように、慌てて撮った写真なので、画質の悪さはご了承いただきたいのですが…

 

小さなちいさな、ひな鳥が…

感激…

この瞬間ばかりは、胸が熱くなりました。

四十雀さん、おめでとう。

ひなちゃん、はじめまして。

 

 

 

 

それから2週間後に巣箱を覗きました。

ひな鳥たちは、見事巣立ったようです。

 

 

ただ、ひとつだけ孵らなかった卵を残して…

 

 

 

いくつになっても、感動体験はつづきます…

このすべてを、多くの人におすすめしたい… 深〜い意味を込めて。

 

 

頭の中で思考し、想像するカタチとイメージを人の髪を借りてつくる仕事が美容師。

頼まれてもいないのに… 四十雀を取り巻く、あらゆる環境を思考し

想像するカタチとイメージに最適の材料を用いてつくる美容師の休日。

 

 

なんだか、いいじゃないですか…

 

 

 

ちなみに四十雀とは、こんな鳥です。

 

IMG_4615